妊活不妊治療情報サイト ファーストステップ

妊活の不安を一緒に解消して 楽しくベビ待ちしませんか?

*

赤ちゃんができやすい夫婦生活のタイミング法

      2015/12/17

a0c2b80fa031342a17c03fdd51b95bb7_s

妊娠するためのタイミング法を知ろう

タイミング法とは

妊活を始めるとファーストステップは「タイミング法」になります。

タイミング法とは基礎体温をつけて排卵日を予測し一番良いタイミングで夫婦生活を持つことです。

妊娠するためには精子と卵子が出会わなくては始まりません。きちんと毎月排卵できている人でも年間12回しかチャンスがないのですから、せっかくなら精子と卵子が卵子が出会えるいいタイミングで夫婦生活を持ちたいですよね。

実は成功率が高いのはタイミング法

実はタイミング法は大変優秀な方法で一回あたりの成功率は20%前後と言われています。確率で言えば5回チャレンジすればほとんどの方が妊娠する計算になります。ちなみに人工授精での成功率は1回あたり5~10%、体外受精での成功率は年齢やクリニックによりかなり幅がありますが、2~35%と言われています。

これほどの成功率を誇りながら、嬉しいことにお金がほとんどかかりません。

タイミング法をする6つのポイント

まず、基礎体温表を何カ月かつけてみると大体毎月似たような表になってくると思います。そして過去の基礎体温表から大まかな排卵日を予測します。なれてくると「そろそろだな」というのが割とすんなりわかるようになるのですが、妊活ビギナーさんは過去のデータが少ないので少し苦戦するかと思います。

そしてその排卵日の予測日から約3日前から約1日後の5日間程度が一番妊娠しやすいタイミングとなります。

ではタイミング法をする上でのポイントです。

1、たくさんの夫婦生活を持ちましょう

排卵してから卵子の生存は24時間前後に対して、精子の生存は頚管内や子宮内、卵管内に入ると、平均3ー4日、まれに7日間生きると言われていますので、排卵日の予測のずれを考慮しつつ、卵子を待機している状態が望ましいです。私は排卵予測日3日前から1日おきに夫婦生活を行うことをお勧めしています。

実は赤ちゃんが出来なくて悩んでいる夫婦にお話を聞くと、「考えてみると夫婦生活の回数が少なかった!」ということも珍しくありません。夫婦生活を持つということは妊娠するという目標だけでなく、夫婦の愛情を深める大切なコミュニケーションになりますので是非仲良くしてくださいね。

2、おりものをチェックしましょう

排卵が近づくとおりものの量が増えていきます。このおりものの特徴として透明でサラサラしていてよく伸びるという特徴があります。よく妊活のブログなどを見ると「のびおり」なんていう言葉が出てきているかもしれません。

このおりもののチェックというのを具体的にどうやるのかというと、清潔にした手で自分の子宮口辺りに指を入れておりものを取り実際に人差し指と親指で伸ばしてみてよく伸びれば(5センチから10センチくらい)それは排卵日の可能性があります。その日の夜はタイミングをとっておきたいですね。

おりものは排卵日直前から当日までが一番多くサラサラしていて、排卵後はどんどん少なくベチャっとした白っぽいおりものに変化していきます。自分のおりものや膣内に触れるということには抵抗があるかもしれませんが、排卵を知るチャンスですのでできそうであれば頑張ってみましょう。

3、義務的にならないで楽しみましょう

女性は何か月も基礎体温を測り、排卵日を予測して「この日だ!!」というのをとても努力して割り出しているのでこのタイミングを逃すまいと猛進していきます。しかし、「今日タイミングだからよろしく」ではパートナーの気持ちをどこか置いてけぼりにしてしまってると思いませんか。

男性不妊の記事にも詳しく書きますが、女性が思っている以上に男性の心と体は繊細なものです。

排卵予測日3日前から1日おきにタイミングをとらなくては駄目なんだ!と頑なにならず、パートナーがその日心身ともに疲れているようであれば、マッサージでもして早めに寝てしまった方が余程健康的だと思います。

あくまでも「夫婦の愛情を深めるコミュニケーション」ということを忘れずに、女性側だけでも男性側だけでもない互いに思いやりを持ったタイミングをとりたいですね。

4、女性は葉酸サプリを飲んでおきましょう

厚生労働省の発表により、妊娠初期における葉酸摂取の不足により胎児における神経管閉鎖障害が明らかになり

サプリメントを推奨されてから、今や妊活や妊娠期、そして授乳期まで長期にわたってお世話になるのが常識になりつつあります。

でもどうしてそんなに葉酸が必要なのか?サプリメントって安全なのか?妊娠してから飲めばいいんじゃないか?その胎児の障害ってなんなの?など様々疑問はあると思います。

それにたくさんありすぎてどれを選べばよいかわからないという声もよく聞きます。

 

ベジママ


 

そもそも食事からうまくとる方法はないのか?

など葉酸についての様々な疑問やお勧めサプリメントコチラの記事をご覧ください。

 

 

5、男性はマカのサプリを飲みましょう

実は未だに「妊娠しないのは女性のせいだ」などという根拠の全くない大変悲しい誤解が世の中にはたくさんありますが

当然ながらそんなことはありません。

意外と男性不妊は多いですし、男性不妊とまでいかなくても「精子がちょっと元気ない」とか「精子がちょっと少ない」など年齢とともに衰えを感じたりするものです。

加えて、妊活でタイミング法を取り入れ始めると、排卵期の短期間にたくさんの夫婦生活をもつ必要があることから回復力の衰えを感じることも増えると思います。

男性は大変ナイーブな一面がありますので、そういった自信を失うと一気に妊活に非協力的になったりするものです。

サプリメントの力を借りて、良質な精子と自信をもって妊活に取り組んでほしいと思います。

黒マカDX

マカにつきましても、詳しくお話していますのでコチラの記事をご覧ください。

 

6、3か月間タイミング法がうまくいかなけれな排卵検査薬を使いましょう

妊娠検査薬というのはよく耳にすると思いますが、実は尿検査によって排卵を事前に察知することができる検査薬があります。それが「排卵検査薬」です。

タイミング法を3カ月続けてきて結果が出ていないのは、もしかしたら排卵予測日が根本的にあっていない可能性があります。検査薬を上手に利用して排卵日を特定していきましょう。

排卵検査薬って知っていますか?

 

いかがでしたでしょうか?

今回自己流でできる妊娠しやすいタイミング法をお話してきましたが、タイミング法を5回続けて効果が出ない人は産婦人科で一度相談することをお勧めします。上手に排卵日を特定できていなかったり、何か妊娠を妨げている原因があるかもしれません。また、時間的余裕のことも考えて35歳以上の方もできるだけ早く受診することをお勧めします。

もしかしたら、すでにタイミング法を行って数か月経過し落ち込みながらこの記事を読んでいる方もいらっしゃるかもしれません。毎月トイレに行くたびに泣いている方がいらっしゃるかもしれません。「私はきっと不妊症なんだ」と自分を責めている人が病院に行くってとても勇気のいることだと思います。

しかしながら、産婦人科のドクター達は敵ではありません。皆さんの妊活を強く後押ししてくださる味方ばかりです。怖がらずに病院に行ってみましょう。

病院の選び方

 

 

 - 自宅でできる簡単妊活, 自己流タイミング法攻略