妊活不妊治療情報サイト ファーストステップ

妊活の不安を一緒に解消して 楽しくベビ待ちしませんか?

*

妊活・不妊治療をするなら、乳がん検診に必ず行きましょう

   

最近、芸能界でも北斗晶さんが乳がんを告白したりと

乳がんのニュースを目にする方が増えていて

皆さんも乳がん検診について気になっている方も多くいらっしゃると思います。

 

妊活と乳がんは、関係がないように考える方もいらっしゃるかもしれませんが

私は妊活するなら乳がん検診は必須だと考えています。

せっかく妊活がうまくいっても、妊娠中に胸に異変を感じるかもしれません。

30歳になったら、1年に1回は必ず乳がん検診を受けておきましょう。

kenshin

どうして妊活に乳がん検診が必要なのか

妊活していると、必要な検診というのはたくさんあります。

風疹抗体の検査や、子宮がん検診、エイズの血液検査や性病検査などなど

妊活に必須な検査から、直接関係なさそうな検診もたくさんありますよね。

その中でも、後回しにされがちなのが乳がん検診です。

 

乳がん検診に限ったことではありませんが、

妊娠中にガンが見つかれば、せっかく不妊治療が実って

子宝に恵まれたとしても、その妊娠継続を諦めなければならない状況になってくる場合があります。

また、妊娠が継続できたとしても、母体の治療を優先して、

正期産の出産前に、帝王切開で出産し子供が小さく生まれるということも考えられます。

 

今、目の前に押し寄せてくる妊活、不妊治療でなかなか子供がいる生活というのは

想像付きづらいものだとは思いますが、

妊活というのは、妊娠、出産でゴールというものではなく

そこがスタートなのです。

赤ちゃんが出来れば、あなたはもうお母さんです。

お母さんが元気でなければ、赤ちゃんも困ってしまいますね。

笑顔で赤ちゃんを迎えるためにも、できるだけ

健康診断をうけ、婦人科系では

「子宮がん検診」「乳がん検診」を1年に1回は必ず受けるようにしましょう。

 

 

妊娠してからの検査ではダメなの?

まず、今この記事を読んでいる方で、

何らかの自覚症状があって妊娠中に乳がん検診行けるのかな?と

悩んでいる方がいらっしゃるとすれば

答えは、妊娠中でも乳がん検診はできます。

自分の勘を信じてすぐに受診してください。

病院にもよりますが、乳がんの発覚というのは

6割程度が、自分で胸に異変を感じて、

(異変というのは、しこりやおっぱいの引きつれ、左右の違和感など)

受診することがほとんどです。

気になるところがある方は、妊娠していることを伝えて

妊娠中でもできる検査がありますので、すぐに受診しましょう。

 

上記のお話のように、妊娠中でも乳がん検診は受けることができます。

しかし、「じゃあ妊活が終わってから、妊娠中に産休に入ってからでもいいや」ということは

絶対にお勧めしません。

妊娠中の乳がん検診について

妊娠中におっぱいに異常を感じていない方でも、検診を受けることはできるのですが

おすすめはできません。

その理由は、すでに体がお母さんになって、赤ちゃんにおっぱいを上げる準備を始めている状態に

なっているからです。

乳腺が発達し始めて確定的な検診を受けるのが難しい

まず、乳がん検診というものは

「触診」「超音波検査」「マンモグラフィー」の3種類があります。

マンモグラフィーは放射線をつかいますので妊娠中には避けます。

なので妊娠中にできるのは、触診と超音波検査になります。

 

おっぱいを上げるために、妊娠中から乳腺というのは発達し始めます。

乳腺が発達したおっぱいを検診する際は、多少の痛みが伴う場合が多いですし、

鮮明にエコーが見えないため、確定的な検診を受けるのは難しくなります。

自覚症状がない方は、妊活中に安心のためにも必ず乳がん検診に行きましょう。

 

乳がん検診に適したタイミング

乳がん検診というのは、月経の周期に合わせて受診した方が良いと言われています。

実は、妊娠していなくても月経周期の中でも乳腺の発達しやすい時期というものがあります。

生理前や生理中に胸の張りを感じることってありませんか?

この時期は、乳腺が発達していく時期で、乳腺の腫れと乳がんと勘違いしてしまうことがあります。

また、張りがあるときにおっぱいをグリグリ触られると

単純に不快ですし痛いですよね。

なので、一番適したタイミングというのは「月経後」ということになります。

月経後できるだけ早く受診しましょう。

 

乳がん検診のレビュー

現在、当サイト管理人は1歳の子供がおり

1ヶ月半前に息子が卒乳したばかりです。

卒乳から1ヶ月ほど過ぎたあたりから、胸にしこりと痛みを感じるようになりました。

私は30歳の時(現在32歳)、市の乳がん検診の予約をした矢先に

妊活が実り妊娠したために、

妊娠、授乳中ということもあり、ずっと乳がん検診を受けるタイミングを逃していました。

今まで一度も、乳がん検診を受けていない不安と

しこりと痛みということで、頭がいっぱいになってしまいました。

しかし、授乳後最低でも2~6カ月は乳がん検診は期間を開けたほうがよいと

聞いたことがあって、受診できないんだと思ってますます気持ち的に落ち込んでいました。

 

このままでは安心できないなっと思って、乳腺外来に相談の電話をしたら

卒乳、断乳の期間や、授乳中でも妊娠中でも問わず

症状がある方はすぐに受診すべきと言われたので

次の日に受診することにしました。

 

私は、30代ということもあり、マンモグラフィーは行わず

超音波検査のみで良いということでした。

受診の流れとしては

問診票の記入→超音波検査→触診→診察ですぐその場で

ガンかどうか結果が出ました。

先に言っておきますが、乳がんではありませんでした。

 

まずは、上半身裸になり、診察台に横になりました。

両腕を頭の後ろで組んで、胸全体にゼリーを塗り

超音波で少しずつチェックしていきます。

胸の張りが多少あったものの、痛みは全くありませんでした。

その後、触診。

ゼリーを塗ってあるので、触診も痛くありませんでした。

(くだらないことを言うようですが、脇や乳輪周りのムダ毛処理をした方が

恥ずかしくないですよ。)

 

診断の結果は、卒乳時のおっぱいケアがしっかりできていなかった為に

多少胸に痛みが出てきていた。

また、息子がドンドン胸を叩いたり頭突きをしたりするので

それによる打撲でしこりだと思っていたものが、外傷的な腫れだということがわかりました。

お恥ずかしいです。

でも、恥ずかしいなって笑い話にできたのも検診に行ったからこそですよね。

乳がんを予防するために

私が行った乳腺外来の先生は、割と乳がん権威とよばれる先生だったのですが

まず、乳がんが痛いというのはちょっと誤解があって

乳がんは殆どが、しこりと乳首の引きつれや左右の異変などでわかるということでした。

痛みがでるのは、もっと後の話なので

私たちにできることは、インターネットとかで乳がんのしこりの探し方を勉強して

月に1回チェックをしてみる。

そして、鏡で乳首の位置に異変を感じないか、左右の同じ場所を比較しておかしいところがないかということを

しっかりチェックすること、そして、年一回の乳がん検診を受けることが乳がんがん予防につながる

というお話でした。

月一チェックというのも、いつでもいいわけではなく

自分で、毎月15日と決めたら、毎月15日に実施するくらいのまめなチェックが必要とのことでした。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

乳がんに限らず、がんは現在治る時代です。

しかし、治ると言っても、発見が遅ければその可能性や希望も低くなってしまいます。

妊活中の皆さんは、我が子を元気に育児するためにも

健康をいつもキープするというのは大切なお仕事です。

健康管理、健康診断、しっかりやっていきましょうね。

 

 

 - いろんな妊活レビュー, 二人目不妊 リアルタイム不妊治療日記, 妊娠しやすい体作り, 妊活を始める前に