妊活不妊治療情報サイト ファーストステップ

妊活の不安を一緒に解消して 楽しくベビ待ちしませんか?

*

妊活で大切なこと中級編!基礎体温の測り方、基礎体温表を書くときのコツ、グラフの見かた

      2015/12/16

基礎体温の測り方

用意するもの

婦人体温計

基礎体温表

よくある質問で「普通の体温計ではだめですか?」と聞かれますが、基礎体温の変化の高低差というのは平均しても0.55℃くらいの小さな値です。ですので、細かい数値までわかる婦人体温計を準備してくださいね。

 

基礎体温の測り方

まずは一番大切なことですが、寝るときに枕元に婦人体温計を準備しておいてください。計測の際には立ち上がったりできませんので事前の準備が大切です。

毎朝、起床時にすぐに測ります。できるだけ安静な状態で測りたいので大きく伸びをしたり、体を起こしたりせず、お布団の中でゆったりとした気持ちで測ってください。

測る時間は安定した数値を知るためにできるだけ毎日同じ時間に測るようにしましょう。しかし、お休みの日などで寝坊したりもありますよね。そんな場合でも必ず測ります。

測る場所は、舌下の筋の辺りに婦人体温計の先を当て口を閉じます。計測中はできるだけ動かさないようにしましょう。

計測後は速やかに基礎体温表に記入しておきましょう。二度寝をしてしまったり、朝の忙しさで数値を忘れるというのはよくあることなので記入までベッドで済ませたほうが安心です。

 

 

基礎体温表を書くときのコツ

基礎体温表は毎日の体温の高低差を見比べて排卵を予測していく以外にも、生理周期単位で自分の体の変化を知るためにもつけています。

しかし、生理周期単位と言われても先月の今頃が気分良かったか。イライラしてないか。便秘が何日目か。なんて覚えていませんよね?

せっかく基礎体温表をつけるのですから、ついでに心と体の日記帳として簡単にその日のことをメモしておくのがコツです。

特に記載してほしいのが、「不正出血」「おりもの」「夫婦生活のあった日」「その日の気分」「体のことで気づいたこと(下腹部痛や胸の張りなんかも記入するといいかも)」「便秘」です。

不正出血や便秘等の情報は産婦人科にかかるとき相談しやすくなりますし、おりものの変化はドクターにもよく質問されますので記入してきたいですね。

 

 

グラフの見かた

ではグラフの見かたです。

基礎体温詳細

 

女性の生理周期は女性ホルモンの働きによって低温期と高温期の2層に分かれます。

低温期の間に生理を起こして体をリセットした状態にして、女性ホルモン(卵胞ホルモン)が卵巣を刺激し卵胞を成長させます。この「卵胞」というのは卵子が入った大切な袋です。

卵胞が十分に成熟したところで、基礎体温がガクっと下がる時期があります。これが排卵日で、その前後5日間を排卵期と言います。排卵日には卵胞の殻を破って卵子が出てきます。そして精子と出会うことが出来れば受精卵となります。

そして、高温期の始まりです。女性ホルモン(黄体ホルモン)の働きによって排卵後すぐに体温は上昇し2週間以上高温期が続くと妊娠の可能性が出てきます。2週間未満で高温期が継続しないと生理が来てリセットという流れになります。

いろいろお話しましたが低温期のあとガクっと体温が下がったら排卵の可能性、排卵したら高温期になるということです。

基礎体温を測って、排卵日を見逃さないようにしましょう。

 

実際に基礎体温を測り始めると、上記のような基礎体温表にならないことがあります。

私の基礎体温表なにか違う…そう感じる方はこちらの記事をご確認下さい。

 

では次に赤ちゃんができやすい夫婦生活のタイミング法を勉強していきましょう。

 - 不妊治療を始めよう, 基礎体温をつけよう, 妊活を始める前に