妊活不妊治療情報サイト ファーストステップ

妊活の不安を一緒に解消して 楽しくベビ待ちしませんか?

*

ルティナス膣錠からウトロゲスタン腟用カプセル200mgに変更!その違いは

      2016/09/05

【移植3回目】凍結融解胚盤胞移植 ホルモン補充周期 2回目の通院【二人目不妊】

皆さんこんにちは。笹岡梓(@sasaokaazusa)です。

一人目をスプリット法の顕微授精で授かり、

現在二人目不妊として顕微授精に挑戦中です。

前回の胚盤胞移植では、残念ながら陰性に終わってしまいました。

現在3回目の移植で、2回目の通院の内膜チェックです。

 

今回の通院では血液検査でホルモン値チェックと

その結果がよければ内膜チェックということでどちらも問題なしでした。

 

そして、今回からルティナス膣錠から変更して新しいお薬

ウトロゲスタン腟用カプセル200mg

というものを使用することになりました。

ウトロゲスタン膣用カプセル200mg

utorogesutan (1)

こちらのお薬自体は昔からあるものですが、

日本で認証されたのは2016年2月からです。

今までのお薬と違っているのは

コチラの遮光の保存袋が付いていてしっかりと保存することが大切なことです。

utorogesutan (3)

ひと箱につき2枚袋が入っています。なかなか保存に気を使いますが

冷蔵じゃなくても大丈夫ですのでお昼に職場や外出先に

持ち出す場合も心配ありません。

カプセルはこんな感じです。

utorogesutan (4)

触ってみると、ソフトグミのような感じで柔らかいです。utorogesutan (5)

 

あと大切なことですが、ピーナッツアレルギー(落花生)は使用不可です。

 

ウトロゲスタン膣用カプセルとルティナス膣錠の使用感や違い

お薬ですので、合う合わないもありますし、もちろん一長一短です。

私個人が感じたことですが記しておきたいと思います。

使用感

ルティナス膣錠…アプリケーターが付いていますので、簡単に入れやすく衛生的

 

ウトロゲスタン膣用カプセル…指でしっかり奥まで入れなくてはいけないので

人によっては苦手な人もいるかも。衛生面でも、当然ながら手洗いをしっかりしなくてはいけません。

 

おりもの

一般的にはルティナス膣錠よりウトロゲスタン膣用カプセルの方がおりものが少ないと言われています。

私もウトロゲスタン膣用カプセルの方が少なかったです。

しかしながら、どちらを利用するにしても

おりものシートでは対応しきれない量のお薬の残りカスのようなものが

出てきますので、違いは微々たるものかもしれません。

 

持ち運び

どちらも常温OKですのでそんなには変わらないのですが、

アプリケーターがある分ルティナス膣錠はポーチに入れたりしなくてはならず

しっかりとした保存袋があるウトロゲスタン膣用カプセルの方がお手軽です。

 

値段

ウトロゲスタン膣用カプセルの方が安いです。

 

まとめ

個人的には、入れやすく手軽なのはルティナス膣錠なのですが

価格や携行から見るとウトロゲスタン膣用カプセルの方がいいかもしれません。

不妊治療はながく掛かることがありますので

価格が少しでも安くなるのはありがたいことです。

 

 

 - いろんな妊活レビュー, 二人目不妊 リアルタイム不妊治療日記