妊活不妊治療情報サイト ファーストステップ

妊活の不安を一緒に解消して 楽しくベビ待ちしませんか?

*

【続5】不妊治療を10年した私の話 本格的な妊活の始まり 病院を探そう 

      2016/05/26

135467

ようやく重い腰を上げて禁煙に取り組み成功した私

禁煙をしながら自己流タイミング法を開始していました。

禁煙とタイミング法をしてすでに3年が経過して

いよいよ私もアラサー28歳、本格的な妊活を始めることになったのでした。

 

まずは今の主人と同棲するにあたり引っ越しをしてきたので

新たな産婦人科を探すことからスタートしたのでした。

 

当時はすぐにパートで働き始めていたので

病院探しの条件は

  1. 夜遅くまで診療してくれること
  2. 必要であれば土日にも時間外で見てくれること
  3. 人工授精(AIH)ができること
  4. 雰囲気が良いこと

を自分の中の指針にして探し始めました。

すると隣の市ではあるものの、職場から20分の場所に産婦人科を見つけました。

そして診療も夜19:30で私のパートは19時まで。ぎりぎりセーフ

そして、今はやりの綺麗な産婦人科でホームページでみた院長先生は若くてイケメン(関係ないけど)

人工授精(AIH)もやってるしここで決まりということになりました。

(当時、人工授精と体外受精の違いもあまりわかっておらず

名前だけ聞くとすごそうな人工授精ができるならきっと妊娠できると思って決めました)

 

私は電話がちょっと苦手なので初診の予約の電話をするだけでも

相当緊張しました。

すると「初診は予約が取れないのでそのまま来ていただくことになります。2時間程度待つと思ってください。」

 

もうなんといういきなりの洗礼。すぐに心折れました。

でもこれで折れてたら赤ちゃんこないと思い直して後日初診を受けました。

 

産婦人科に行くとあのホームページでみたイケメン院長先生でした。

ホームページ以上にイケメンでしかも優しい感じの先生でした。

 

先生に赤ちゃんが欲しいということをお話しすると今後の方針として

今後の方針① とりあえずもろもろの原因の検査

今後の方針② 卵胞チェックしながらタイミングをとる

ということに決まりました。

 

そして久しぶりに内診しながらの検査。

(久しぶり過ぎて、うっかりズボンとパンツ脱いだのに5本指ソックスはいてました(苦笑))
天然の蚕から採れたシルクで出来た冷え取り靴下『リンマー』の

総販売数が2万3千セット突破!!

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

 

血液検査、クラミジアや淋病などの性病検査、ついでにがん検診をして初回は終わりました。

(問題なし)

 

そして次回あの有名な検査の予約をして帰ったのでした。

 

ちなみに待ち時間は30分くらでした。こればっかりは運ですね。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

 - 妊活不妊治療体験談